過去形の持つ「今」の話

この記事は2019年01月30日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

今日は英語の過去形です。

I was a boy.

She was cute.

などなどで特に二番目の例文が何気に無礼なニュアンスを持っているという話をします。

過去形は過去のことを言う

過去形というと過去のことを言います。しかし先の例文「She was cute」がなぜ無礼なのか、ということです。過去形には「過去のことも言いつつ現在のことも言う」という性質があるからです。

過去形の意味する「現在」とは「今はもはやそうではない」ということです。

I was a boyは私は少年でしたが今はもう少年ではありません、という意味だし、She was cuteは彼女は可愛かったがもう可愛くありません、という意味になります。

なんで二番目の例文が何気に無礼かわかったと思います。

現在はもうそんなことはないの持つ意味

アーノルド・シュワルツェネガー主演のツインズという映画がありました。これは全く離れ離れだった双子がひょんなことから出会い海の母親を探す、という映画です。なかなか面白い映画です。

この映画の中で双子が母親の居場所を突き止めて対応してくれた女性に色々聞くシーンがあり、その中でシュワルツネッガーが

「なぜ全て過去形で話すのですか?」

というシーンがありました。 コレの持つ意味は「母親はすでに死んでしまってもういない」ということでした。

つまり過去形の持つ「もうそうではない」というニュアンスは「決して取り戻すことができない」という意味合いを持つということですね。

過去形を知ると完了形もわかる

完了形については別の記事で書きますが、過去形の持つニュアンスの「もう二度と戻らない」という感じを覆すのが「現在完了形」になります。完了なのに完了していないんですね。変な話ですね。

まとめ

過去形は「過去のことを言うが現在では二度と戻らない」というニュアンスを持ちます。これがわかると過去形が利用されたシーンの切なさとかそういったものも読み取れて楽しいかもしれませんね。#

英語学習の最新記事

文法の最新記事