妻出産

この記事は2013年04月04日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

本日生まれました。男の子でした。生まれた瞬間、あ、俺の家系の顔してる・・・とひと目で思いました。まごうことなき自分の子供ですね。

そういうわけでクラスチェンジが発生しました。

以後息子は長男と呼称されることになりました。

今回妻の出産に立ち会いましたが、基本男ができることはないんだなという、まぁ出産自体は妻がやるのでほぼ妻主体のjobになるんですが、その間でも手を握ってあげたり声をかけてあげたりと主に応援団です。

ただ、例のひっひっふーという呼吸ですが、何故か自分も釣られてやってしまい、妻が出産を終えたあと自分も勝手にヘトヘトになっていました。

あと、漫画とかでは子供が生まれたことに感動して父親がだめなやつならすごい真面目なやつになったりしますが、当事者としては「えっ!?産まれるの?」から始まり、「えっ!?生まれたの!?写真取る暇がない!」とかそういう感じでした。

まぁ、出産に立ち会ったお医者さんが「じゃぁそろそろ出ますから旦那さんカメラ準備してください」と言ってくれるんですが、そう言ってから長かったりしました。

ただ、出産はかなりの長丁場なので、飲食はできるうちに十分やっておきましょう。

記念撮影、えーこんなちっこくて軽いの?

日本の最新記事

生活の最新記事