レベル低い人はお断り?労働党の考える移民政策を勝手に深読みした

この記事は2017年06月25日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

Labour's immigration policy targets 22,000 foreign students - but gives to migrants with experience
以前労働党が与党になったら移民を減らす、的なこと言っているという話があったんですが、もうちょい具体化された記事がありました。
まず、レベルの低い学校だとか、そういうのが移民のバックドア化しているので、ここら辺厳しくするよ、ということと、学校出てても未経験だったらワークビザ出さないよ、ということが言われてるっぽいですね。この辺りは今は過剰に言い過ぎるくらい言っているだけかもしれませんが、保守政党の労働党としては、移民政策が国内失業率に影響しているというように捉えているのかもしれません(国内の相対的貧困率が30%超えてるとかそういうところはいいのかと思わなくもない)。
特にこれから移住を考える人に影響しそうなのは以下のブンブンでしょうか。

It will also restrict the ability to work while studying to students doing bachelor-level degrees or higher unless the work is a course requirement. It will also remove the rights to the post-study work visa for graduates from courses below university level unless they have a job offer.

まずは、バチェラーレベルの学生の就労許可を減らすと言っているんでしょうか。あとは、大学を卒業後に与えられるオープンワークビザについて、大学レベルではないコースの卒業生には与えない(すでにジョブオファーが出てれば別だけど)というようなことを言っています。
例えば、安いから、とか、とにかく入れてくれるから、という理由で変な学校を選んでしまうと、卒業しても何も起こらない、ということを意味しています。
ただ、university levelというのが一体何かがよくわかりませんね。Category1、2がUniversity levelなのか、本当にNZのUniversityを出なくてはならないのか、というのが結構な別れどころですね。Universityは学費も高いので、それだけでも結構な障壁になります。

While Labour is aiming to cut the numbers of young, unskilled or inexperienced workers, it is also making changes to bring in highly skilled or experienced workers - including a new 'Exceptional Skills Visa" for up to 1000 people a year.

 
労働党の狙いは、若くて技術もない、とか、経験もないような人にどんなでも学校さえ出ればワークビザを与える、と言う状況を変えたい、ということかと思います。その代わりに、高度な技術を持った人には別口のビザを与えるとも書かれていますので、職歴がきちんとした人には、学校に行かずともワークビザが与えられるようになる可能性はありそうです(年間千人なので速攻埋まるんでしょうけど)。
確かに、今は職歴があろうがなかろうが学校を出ればオープンワークビザが出て、結局就職が上手な人がまんまと就職している裏で、高度な技術者を取り逃がしている会社も結構あるかもしれません。オープンワークビザやエクセプショナルスキルズビザが発給されれば、政府がこの人はきちんとした人だ、と言うことを担保した上での発給になるでしょうから、採用する側としてはこれらのビザを採用の要件に入れたっていいのかもしれません。
NZのジョブマーケットで結構横行しているらしい就職サイトに採用する気のない求人を一月掲げておいて、それを旗印にワークビザを申請する、ということもこの場合はできなくなるかもしれません。
また、一方で、職歴も経験もないけどとにかく大学を出ればワークビザが出るから頑張ろう、という人には影響甚大かもしれません。そう言う人たちは慎重に学校を選ぶ必要があります。もしも労働党が与党になれば、オープンワークビザのガイドラインも改定されるでしょうから、実際にどうなるかはその時に明らかになるでしょう。

ニュージーランドの最新記事

移住の最新記事

就職活動の最新記事