剣道を再開しました

この記事は2017年07月19日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

と言ってもやめたのは中学校卒業の時なので、実に25年ぶりに竹刀を手に取った次第です。
再開自体は数ヶ月前なんですが、学校のアレヤコレヤが忙しすぎて2ヶ月ばかり行けてませんでいた。すると、始める前より体力がないという点に気づきました。足つりそう。
japanでの剣道は不条理なレベルでのシゴキが標準化されており、練習メニューに「返事」があるくらい(ひたすら100回くらいハイと叫ぶ)のブラック部活でした。主に連帯責任が顧問の口癖であり、練習が終わるかどうかはどこか顧問の気分次第、しかもそれが精神を磨き心身ともに人間を成長させると思っていたわけで、自分は部活が嫌で仕方なくてほとんど行かなくなったのですが、一生懸命部活に行って磨かれきった彼らは今なにをしているんでしょうか。
まぁそんな少年時代のトラウマを持ちつつも、結局自分の体を動かせるsportsは剣道しかないことや、NZに来たことでもうちょっとリラックスした剣道ができるんじゃないか、と思い改めて初めて見ました。
NZでの剣道は、割とスピリチュアル方面というか、気合は魂の声だったり、防具は自分の罪を覆ってくれるものだったりと、あーそういう目で剣道見たことなかったわ〜と思いました。でも剣道って確か禅の考え方に結構影響受けてたかと思います。
そういうわけで久々に来て見たら、かなり呼吸器が痛くなりました。
ちなみに、先生は白人や中国人、japan人もいますが、誰もかなりの経験者です。気合は全て日本語。なんだか不思議ですね。
 

ニュージーランドの最新記事

日本の最新記事

NZの中の日本の最新記事