父の遺骨を海に

この記事は2016年10月22日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

父は生前「自分が死んだら海に散骨してほしい」と言っていました。と言っても遺言状があるわけではないので今どう思ってたかはわからずじまいでしたが、そんな個人の遺志を尊重して散骨をしました。

この豪華な船は社長さんの私物らしく、どうせならこういうことに使おうということだそうです。

当日は海が結構時化てて何回か海に落っこちそうになりながらどうにか完了。

ところでjapanは本来は散骨は認めていないんですが、散骨を認めるように裁判が提起されたことがああり、その時の判決は

「japan国内ではだめ、だけど公海でやる分には法律の範囲外なので止めません」

ということだったそうです。なので、30キロ位沖に出ないと散骨ができないようです。大変だった・・・

ニュージーランドの最新記事

日本の最新記事

一時帰国の最新記事