改めて帰国して思うjapanという国と変化、あとフルサイズデビューの件について

この記事は2017年12月04日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

こんにちは、いまjapanにtemporal-returnしているのですが、前回と違うのは、家族の葬儀からのさまざまなゴタゴタによるデスマーチ的な様相を呈す修羅場は全くなく、家族で楽しみ的な感じです。
そんなわけなので、電車やタクシーでの移動が割と多いのですが、前回気づかなかったことは、ICカードで電車を使うと、金額が一円単位になってると言うことです。たとえば、327円とか。
自分がいた頃は、全て10円単位だったような気がします。いつの間に始まったのでしょうか。
あと、このエントリーとは全くコレッポチも関係ないんですが、フルサイズ一眼デビューをしました。

当初は、D850かなぁ、α9かなぁ、とか物欲が爆発してたのだけど、この辺は自分の要件には全く合わない、と言うことがわかり、型遅れではあるもののα7Ⅱにしました。本体もかなり安いし、キャッシュバックやタイムセール割引もあったりで、かなり安く買うことができ、レンズも奮発することができました。

要件が合うものがこれだった理由


最新機種には最新機種のいいところ、旧型からの改良点とか、ピントが合うまでのスピード、連写性能、などなどありますが、これらが一体何において嬉しいのか、と言うのが分からず、結局連写性能が良くなっただけとしか感じられませんでした。きちんとやり込んでる人にとってはそんなことないのでしょうが、自分程度の理解だとそんな感じでした。
で、自分が撮りたいものは、建物や植物なので、連写性能はあるに越したことはないけど別に必須ではないのです。

それよりも気軽に使いたい


多分、D850なんかは画質がいいのだと思います。だけど、本体だけで1キロくらいあるし、サイズもご立派なので、なかなか気軽に持ち歩くには気が引けます。
それよりも、小型で、レンズも小さいものが使えて、さっと取り出して使える方が嬉しいことに気づきました。
なので。今回の機種選定となりました。

感想


びっくりするくらい絵が綺麗。レンズがいいのか、本体がいいのか、自分の腕がいいのかはわかりませんが、単焦点レンズのおかげかもしれません。
あとは、1日持ち運びましたが、ほとんど疲れることはありませんでした。なので、今後はもっと気楽に写真を撮ることが出来そうです。
WiFiで画像を転送できる機能も何気に地味に役立ちますね。

ニュージーランドの最新記事

日本の最新記事

一時帰国の最新記事