北海道から成田に移動、LCCはきつい

この記事は2017年12月15日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

今朝方札幌から成田に移動しました。LCCしか便がなかったので泣く泣くLCCで移動しました。
LCCは安いので昔はよく使っていたんですが、色々あって基本使わないことにしています。で。今回本当に久しぶりに使ったんですが、やはり好きになれません。

ユーザーに面倒を投げて値段を下げている

まず、LCCの値段が安い理由は、席を狭くして客を積めるだけ積むほかにも、何らかの作業をユーザーに丸投げしています。
一部の作業に関するコストをユーザーに被せているので、結局チケット代+労働で飛行機に乗っている気分になります。

機内サービスが何もかも有料

飲み物から何から全部有料です。これも結構鬱陶しい。うっかり飲み物を頼むとお金取られますし、だったらむしろやらなくていいのではと思います。

成田第三ターミナルに到着する

これが特に嫌なんですけど、第三ターミナルに到着したら、第2ターミナルに行かないと何もできません。なので、結局巡回バスに揺られることになります。

まとめると安さの秘密が企業努力ではない(と思っている)

そんなわけで、LCCの価格は、企業努力でやっているというよりは、ユーザーに各種不便をかけることで自分たちの給料を下げている、という感じで、こちらとしては安い分の不便さが結構嫌です。
というのも、ちびっこを連れているので、こう言った不便さのダメージが結構大きい。
そんなわけで、今後もLCCは使わずに行きたいです。
というか、LCCみたいな手段を講じないと値段が下がらないのなら、航空機のコストって、一体どこに重きが置かれてるんでしょうね。

ペッパー君とうちのチビ


どこからみても目線が合うように感じることに定評のあるロボットペッパー君です。成田のとあるホテルに居ます。うちのチビは結構気に入って居ます。

ホテルのイルミネーション


そのホテルで夕飯をとり、そのあとイルミネーションを見に行きました。
NZでもイルミネーションは有るんですが、あまり飾り立ててないこと、そして、夏時間なのでまだかなり明るい時間帯に始まってしまうので美しさを感じることができません。

なので、やはりjapanのイルミネーションは美しいと思います。

ニュージーランドの最新記事

日本の最新記事

一時帰国の最新記事