engnzの勉強会をしました

この記事は2017年07月13日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

昨晩engnzで勉強会をしました。テーマは非同期。
はっしーさんにはモダンなJavaScriptの非同期周りの話、自分はMQの話と一部金融系SIあるある(後者はよもやま話的に口頭のみ)。
金融系SIは結構色々と言われますが、なんでああいう構造なのかは自分なりの視点で一度アウトプットしてもいいかもしれないけど、そもそもどこまで書いて良くて、どこから書いたら殿内という人間はこの世に初めから存在していなかったことにされるのかわからないので、やっぱり難しいですね。流石にそこまで闇の中にいたわけじゃないんですけどw
話したかったことは、システム相互の非同期、というものをMQが担っていることだとか、それがあるがゆえにいまどう言ったことが実現されているか、ということでした。
プログラミング言語界隈はとにかく変化が激しいものの、システムの奥に行けばMQ、DB、トランザクションなど、とにかくhistoryの長いものが今も生き続けていると言うことがわかるかもしれません。
Slideshareに資料をアップロードしました。
[slideshare id=MVgQVjLN9Md6lG&w=595&h=485&fb=0&mw=0&mh=0&style=border:1px solid #CCC; border-width:1px; margin-bottom:5px; max-width: 100%;&sc=no] 非同期といえばMQ from Seiji Tonouchi

ニュージーランドの最新記事

生活の最新記事