携帯の通知を止めたら思ったより携帯を使わなくなった

この記事は2017年09月04日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

携帯には各種のSNSはじめ、色々と通知を出すアプリがあります。先日、結構SNSやってるなあ、でもブログと連動してるのでアプリを消すのもなぁ、と思い、試しに通知を止めたところ、利用頻度が激減しました。
これによって思ったのは、この手のアプリは、「使っているようで使わさせられている」ということなのかな、です。
まぁ、確かに通知が来てアプリを開いたけど、別に大したことないことが多く(いいねがつくとかリアルタイムに追いかけるほどのものではないでしょ?)、むしろ開いた後にダラダラとタイムラインを追いかける方がかなり時間を使います。
SNSは何気に情報量が多いので、追いかけるだけでもかなり疲れるし、大体今誰が何食べたかとか、今知る必要のある情報じゃないですよね。
そんなわけで、SNSの通知を止めるの結構いいかもしれません。
メッセンジャーとか、そういうのの通知は当然止めませんけど、jobとかするようになったらさらに通知を止めるもの増えると思います。
なんかそういうプロファイルを設定したりできないものかなとも思ったりしますが。

ニュージーランドの最新記事

生活の最新記事