NZで国際免許を取得してやはりネットは便利だと思った

この記事は2017年11月28日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

と言うことを長々書きたいと思いますので、別に読まなくても良さそう。
先日、こちらで国際免許を取得しました。japan人が日本で運転するためにNZで国際免許を取る、という文字にするとなんともややこしい話です。
で、こちらでは、書面による申請もできるんですが、ネットでも出来ます。やりかたは、Webフォームに記入して、免許とパスポートサイズの写真をアップロードしておしまいです。
パスポートサイズの写真こそ要件はあるものの、家の白壁をバックにデジカメで撮っても普通に使えるみたいです。
パスポートのコピーも机に置いて携帯でパシャリとすればオーケーで、最終的に郵便で送られます。配達人の人にサインしておしまいです。

japanはとにかく窓口

この時期なので割と領事館に行くこともあるんですが、japanはなにかと窓口で手書きです。この方式の利点はやはり本人が目の前で手続きをする、ということに尽きると思うんですが、やはり今時そぐわない気もします。
領事館に行くまでの交通の便、窓口がしまっていれば申し込みすらできない、現金支払いのみ受け付け、申請と受け取りで複数往復の必要性などなど。
ネットだけの申請こそ正義というよりは、どちらでもいいようにして欲しいですね。
例えば、ケープリインガに住んでたら、申請と受け取りに飛行機を使うか宿泊コストも発生します。なかなか馬鹿らしいですよね。
そんなわけでNZの各種申請システムはよくできてるなというお話でした

ニュージーランドの最新記事

生活の最新記事