だいぶLINUXへの移行も進んできた

この記事は2018年03月29日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

以前LINUXのノートパソコンを買いました。でまぁ、今の所何ができて何ができないか、というのを少しずつ克服しつつゆっくりやっていますが、なんだか一段落ついたので書いて見る次第です。
まず、何ができないか、というのは「ないなら作ればいいじゃん、よし作ろう、無理でした」ということではなく、一ユーザーとして「今できるアプリがないならできない」です。だってしたいことするために何か開発するって何処か本末転倒だし、「開発してまで作りたいか?CADやら電子回路やら学んでまでWindows10学校に持っていきたいか?」ということです。
で、残念ながらできないのはKindleでした。これはSurfaceを持ってるのでこっちでやることにしました。むしろタブレットの方が持ち運びやすいのでこれは問題ありません(最近携帯で漫画読むのきつくなってきたし)。
他できないことは今の所見つかっていません。Officeはどうした?という感じですが、Office Onlineでやりますし、SurfaceにOffice入れてるので、同仕様もなければこっちを使います。あ、xcode入りませんね。別にどうでもいいです今の所。
プリンタも何気にAir Printでプリントできてるし、素晴らしいですね。
さて、最近の課題は「写真を管理する」でした。写真を取り込んで成立すのにgthumbというツール、iPhoneから写真を取り込むのにifuseなるものを入れましたところ、きちんと使えています。
さて、自分は全く手を出したことがないRAW現像とフォトレタッチですが、AfterShotPro、かの有名なコーレルが出したアプリ、ライセンス料が$80くらいだったかな、使うならこれかなと思いますし、フォトレタッチ(というかお絵かきソフト?)はKritaなるものが良いようです。Gimpとかそのへん今何してるんだろう。まぁ、絵心がないので自分がこれらのツールをガリガリ使うようになることはないでしょうけど、一応知っておく感じですね。
LINUXのディストリビューションはPopOSというのを使っています。Ubuntuからの派生らしいですが、System76自ら開発しているので安心感あります。
そんなわけで、Macは先日ゴミ捨て場に持っていきました。もう壊れちゃったしHDDは抜き取ったし。

ニュージーランドの最新記事

生活の最新記事