社内Hackathonに参加した話と今年のまとめ

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

先日部門リーダー人がhackathonやるよ!と言ってました。弊社では年に一度やるようです。

テーマは本当に様々で1日の期間内にここ数年頑張ったjobのプレゼン書くとか、最近空き時間を見つけてはちょこちょこやってたことを発表するとかしてました。彼らはずるいと思いました。

自分は社内での環境構築が辛いことからVagrantのことを少しやってプレゼンしました。

なかなか今更感高いトピックではありますが、社内の環境構築手順を分析して1クリックで環境は作れるのか?と言うことに挑戦したかったのです。

結果から言うと無理だったんですけど、まぁテーマのことは置いとくとして、外国でjapan人が全くいない環境で英語でプレゼンする、と言うことは全くの初体験でした。

幸い内容が飛んでしまうことはなかったんですが、かなり緊張しました。数名自分の発表を気に入ってくれた人がいたので良かったです。

今年はHackathonで年内のjobは終わりになり、次は来年1月からの業務再開になります。

NZでは、当然ながら三が日とかないのでこの辺りは休暇にする事で期間を延ばしています。

今年のまとめ

さて、今年は4月に学校が終わり、ワークビザに切り替えて就職活動をしました。少し休んだ後で不意に「あ、働きたくなった」と思いCVを出してみたらまさかの一発採用。

その後トライアルも無事に終わり、永住権の申請を開始しました。警察証明などの取得もあったので、EOI通過後三ヶ月くらいで申請になりました。

とは言え年末の申請だったのでまだ受理されておらず、まだかなぁ、と言ったところです。

永住権は審査に半年くらいかかることもあるそうなので、あとは気長に待つだけです。

それと、最近ワークビザのルールが変わり、レベル8のコースを終了した人はワークビザを2年お代わりできるようになったので、永住権の申請書類が戻り次第申請しておく感じです。

ニュージーランドの最新記事

生活の最新記事