pineぼっくりを手に入れたので種取りに挑戦してみる

この記事は2017年12月31日に公開されました。 情報が古い可能性があります。

こんにちは、殿内(@tonoccho)です

うちの近所には巨大なpineのtreesが一本生えています。そういえば松ぼっくりには松の種が入ってるなぁと思い調べたところ、まだ傘の開いていない松ぼっくりを入手して種取りができるとのことでした。

そんなわけですぐ横の小さなpineのtreesに開いていない松ぼっくりがついてたので一つもぎ取ってきました。

タネの取り方なんですが、このpineボックリを乾かすと良いそうです。

湿度に敏感なpineぼっくり

pineのタネは羽がついてて遠くに飛んでいくようになっています。

pineのtreesの根元を探してみたら羽付きのタネを一つ見つけることができました。羽はチビに2秒で破壊されましたが、タネの右下にある薄いのが羽の残骸です。

タネが遠くまで飛んでいける湿度の低い時にpineかさが開いてタネを飛ばすそうです。

そんなわけでpineぼっくりをガラージュで陰干しすることにしました。しばらくすると松かさが開いてタネが取れるそうです。

拾ったタネも余すことなく水につけておき、元旦にはまきたいところです。

持続可能の最新記事

木の最新記事

松の最新記事